読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリッジリング

1か月ぶりにA子に会った日、内から湧水のように湧き出る自信を

味方につけた俺はこれまでと違った。

 

今まで聞けずにいたA子の現状という聖域に踏み込んだのである。

あれだけ躊躇してたのがウソみたいに。

 

実は、以前からA子がこの話題を避けていることは知っていた。

でも、今日の俺ならどんな答えであろうと受け入れられる

そんな気がしていた。

 

最初、A子ははぐらかしていたが、俺が本気だと気付いたらしい。

悲しげな顔を見せながら、少し微笑んだような表情で話してくれた。

 

20年前に結婚したこと、子供はいなかったが犬を

我が子のようにかわいがっていたこと

旦那が浮気を繰り返していたこと

2年前に離婚したこと・・・。

それ以後、男性不振になっていること。

 

俺と会ったのは、男性不振を克服したいという思いからだった。

他の知人男性では目を見て話すことすらできなかったが

俺とはなぜかうまくできたこと。

 

もう俺の心は決まっていた。

これからA子を守っていこうと心に決めたのだ。

これは俺からのA子への感謝の気持ちでもある。

 

A子にやりたいことはないのかと聞いてみた。

すると、なかなかに過激な答えが返ってきた。

 

「前の旦那からもらった結婚指輪を捨ててしまいたい。

式を挙げた沖縄で!」

 

昔から芯の強い子だとは思っていたが

なかなか過激な行動だとは・・・と思ったのは心にしまっておこう。

(書かないとは言っていない)

 

沖縄か・・・。

そういえば沖縄は新婚旅行で行ったっきりだったな。

俺も結婚指輪捨ててやろうかな。

そこで代わりの新しい指輪を渡そう。そうしよう。

 

そうと決まれば、あとは旅の手配だけだ。

歴代愛人との最初の旅は沖縄と決めている例のエロ社長に

沖縄旅行を指南してもらった。

 

おすすめの宿や観光スポット、飛行機などなど。

こんな時ほどエロ社長が心強いことはない。

このままうちとの契約も増やして欲しいものである。

 

久々に小学生の頃の遠足前夜の気持ちを抑えられずにいた。

そう、そのおかげで眠れないからとiPhoneを触るまでは。

 

明日のことをイメージしようと沖縄のことについて再度調べていると

「沖縄ではレンタカーが必須」

「車のない沖縄旅行は窮屈この上なし」

「沖縄と車は切っても切り離せない」

こんな言葉がシャワーのようにかかってくる。

 

やばい・・・レンタカーなんて手配してないぞ。

エロ社長め!自分がいつもお抱えの運転手を車ごと先に

沖縄に行かせてることを忘れてたな!こっちは一般人だぞ!

 

しかし、愛人5号と先に沖縄に行っている抜けてる

エロ野郎に文句を言っても旅行は待ってくれない。

焦る深夜2時、必死で調べて当日予約可能なレンタカー会社を発見。

 

翌朝速攻で予約を取り付け、A子と待ち合わせているいつもの駅へ。

 

間抜けなことをしても男はそんなそぶりを見せない。

そんなものである。

気分一新

A子からの返信は良い意味で俺の予想を裏切るものであった。

また会ってくれる・・・これは俗にいう脈ありというやつなのだろうか。

 

この反応自体は嬉しい限り。でも、今のままではいけない。

と言うのも、元嫁と別れてから生活が荒れていたこともあって性格がふさぎ込みがちになっていた。

 

ひとりになったマンションも荷物が増えるばかり。

寂しさを埋め合わせたかったのかもしれない。

 

こんな状況なもんだから、A子がまぶしく見えていた。

夢である看護師になって仕事もプライベートも充実しているA子と、堕落の残り香をまとっている自分自身。

 

このままではいけない。ここ半年の堕落のせいで下腹をはじめとした全身に自家製ヒートテックを常備してしまっている。

 

すぐに改善できるところから手を付けるべし!と思い、まずは家の掃除から取り掛かることに。

せっかくだから引っ越しも検討しよう。いつまでも過去の夫婦生活の空間を残しているのは良くない。

 

引っ越しするのだから、せっかくだし家具やベッドも新調してしまおう。俺は生まれ変わるのだ。

 

こんなことをしていると何かとお金がかかる。

しかし、俺には隠し口座があった。少ない小遣いで始めた投資で稼いだへそくりである。

 

エロ社長には振り回されてばっかだったが、FX投資の基礎を叩き込んでくれたことには感謝している。

 

人生何が起こるかわからんもんだな。

こないだの愛人4号とのいざこざに巻き込まれたことも許してやろうとさえ思えてきた。(この時は)

 

いざ引っ越してみると、なんだか気持ちが軽くなった。

前に会ってから1か月後、再びA子と会えることになった。

連絡をもらってからすぐに引っ越しをしていたため、会う時間を作るのに時間がかかってしまった。

 

それでも会ってくれるのが嬉しかった。A子には感謝したいと思っていた。

 

引っ越してからというものの、会社の同僚から昔の明るさが戻ってきたと言われる。

こうなれたのは過去を振り切れたから、つまりA子に会ったおかげなのだ。

 

ここ数年の中で最高の心のコンディションを手に入れた俺は、若い頃に女性と触れ合う時の感覚を取り戻したようだった。

 

俺がなくしていたのは若さじゃなくて自信だったのかもしれない。

 

さて、そろそろ出かけるか。今日はA子と1か月ぶりに会う日なのだ。

 

自信を持った男はカッコいいらしい。そういうものだ!!

はじまり

会うことが決まってからのソワソワは、若い頃を思い出させてくれた。

 

会う前に彼女(A子とする)について知っていることを復習しておかねば。

すっかり使わなくなっていたはずの脳みそが驚くほど速く回った。

 

下心と脳みその回転の速さは比例するのだろう。

誰かが学会で発表していても驚かないほど、今なら納得できる。

 

A子は元嫁が働いていた居酒屋バイトの後輩で、バイト同士の飲み会にお呼ばれした時に初めて会った。

 

A子は3つ年下で、子供の頃から夢だった看護師を目指して沖縄から上京していた。

初めて会った時はまだ看護学校に通う学生で、やっとお酒が飲めるようになったと言っていた。

 

言葉にこそ訛りがないものの、イントネーションには沖縄の空気を感じられた。

なのに見た目は小泉今日子似なもんだから、そのギャップに好感を覚えていた。

 

この時のイメージとこの間のFacebookでの写真のイメージを組み合わせてシミュレーションを繰り返した。100回は軽くやっただろう。

 

そして当日。駅前の改札で待っていると、A子がやってきた。たとえ15分前からいたとしても、こちらも今着いたかのように振舞うのが男の流儀である。

(実際、40分前に着いていたのはここだけの秘密)

 

およそ25年ぶりに再会したA子は、写真より遥かに綺麗だった。

3歳差というレベルではない。俺とは最早親子レベルの差を感じた。

 

積もる話は腰を下ろして話そうということで、まずは店に向かった。

今回はA子側に行きたいところがるらしく、場所は任せていた。

 

着いたところは見覚えがある。

それもそのはず。元嫁とA子が働いていた居酒屋である。

 

どうやら俺からの連絡に懐かしさを感じたらしく、共通の記憶があるここを選んだらしい。

 

店に入り、空白の25年分の話をお互いたくさんした。

もちろん、元嫁のことも話した。

 

A子はどうやら知らなかったらしく、聞いたことに責任を感じていたが、すぐに励ました。

 

A子は見た目こそ30代で止まったようだったが、雰囲気は当時のままだった。

俺はA子にどうしてそんなに若々しさを保てるのかを聞いてみた。

 

特に努力をしているわけではなく、家系的なものなのかもしれないと言っていた。

どんなスーパー家系だよ!美容学会もお手上げだろ、と突っ込んでしまった。

 

でも、年齢とともに基礎代謝が落ちるから、そこには気を使っているらしい。

やっぱり若くいることは大変だな、と感じた。

 

楽しい時間だったが、結局結婚しているかどうかは聞くことができなかった。

左手に指輪はなかったが、日常で外している人もいるだけに確証が持てなかった。

 

楽しかった気持ちと結婚してるかの確認ができなかった自分への絶望が入り混じった感情のまま帰宅。

 

とりあえずお礼の連絡をするのが礼儀だよなーと思い、連絡を入れて就寝。

 

次の日、A子から返信があった。

「昨日はありがとう。楽しかったね!また会いたいな。」

 

男は単純な生き物なのである。特に恋愛の駆け引きにおいては。

Facebook

 

作戦のために自宅に籠って、早いもので3日目。

結婚してからは身も心も嫁一筋だったせいか、彼女の作り方を忘れてしまってる。

 

こんなことでは一生独身じゃないか。

情けないと思いつつビールは順調にのどを通り過ぎる。

 

・・・若い頃の自分はどんな感じだったのだろう?

 

気付けばアルバムに手が伸びていた。

これを開くのは2年ぶりか。

 

というのも、アルバムには元嫁も写っている。

できれば見たくないのである。

 

しかし背に腹はかえられぬ。

めそめそするよりも未来の彼女なのである。

 

30年前の自分と久しぶりの再会。

自慢になるかもしれないが、当時の私はモテた。非常にモテた。

今では見る影もない。認めたくないな。

髪には白いものが混ざり、毎晩無添加の髪染めシャンプー

愛用するようになった。

あの頃に戻って嫁以外の女性と人生をやり直せたら、なんてくだらない妄想とも願望ともとれる感情が脳内を支配する。

 

いかんいかん、ビールだ!もっとビールだ!!

 

でも冷静になって考えると、この頃の写真に一緒に写ってる女性も自分と同じくらいの年齢なんだな、と思う。

 

彼女たちは一体どうなってるんだろう?何だか急に会いたくなってきた。

 

連絡先は当然分からない。でも名前はしっかり憶えている。

男とはそんな生き物だろう。

 

昔なら連絡先が分からずにやきもきしてしまっただろう。

でも今は2017年。Facebookを駆使すれば連絡を取ることなんて容易いのだ。

 

検索してみると、ほぼ百発百中でヒットした。心のニヤニヤが止まらない。

時々表情として漏れ出てしまったのは言うまでもない。

 

さて、誰にコンタクトを取ってみようか。

嫁と関係が近い子はやめておこう。事実がどうであれ、嫁の味方になっていそうだし。

 

そんなことを考えながら自分が好きだった女の子、自分を好いてくれた女の子を中心に現在の写真をチェック。

 

やっぱり自分と同じような年齢だけに相応に年を重ねているなぁと思っていると、ひとりの女性が目に留まった。

 

どう見ても30代に見える。これが世にいう美魔女というやつか。近いところにこんな人がいるもんだな。

 

・・・そんなことを思っていたところまでは覚えていた。

どうやら飲みすぎてそのまま寝てしまったらしい。

 

さて、これからどうしようとiPhoneをチェックすると、メッセージが入っていた。

知らないアドレスからだ。

 

「おはようございます。久しぶり!急に連絡もらってびっくりしちゃった。何だか懐かしいし、今度会わない?」

 

寝ぼけて覚えていなかったのだが、どうやら連絡を送っていたらしい。

 

これは期待して良いのだろうか。男は期待するものなのだ。

51歳バツイチ親父の徒然日記

ほんの2年前のことである。

重要な会議がある日に寝過ごした。

それというもの、前日にエロ社長につき合わされ、キャバクラに
行った後に、社長の愛人がいるクラブに連れて行かれた。

酔っていることもあって、店の中で社長は愛人と喧嘩が始まった。

お前とはもう終わりだ!って。
終わったらいいじゃんと思いつつ、その仲裁に入る。

その愛人というのは、そのクラブのママである。

話を聞いていると、喧嘩の奥は深そうだ。
社長には愛人2号、3号がいるらしい。

適当に帰ろうとすると、俺まで喧嘩に巻き込まれてしまった。

気が付いたら午前3時。

急いでタクシーつかまえて、シャワーを浴びて、
ベッドに入ったのが午前4時半。

目覚ましは3つセット。

これで大丈夫と思ったものの、
気が付けば、8時半。

慌てて着替えて、iphone持って、駅まで突っ走った。

何とか電車に滑り込み、会社に電話を
入れようと、スマホを取り出すと、

しまった・・・嫁のスマホを持ってきてしまった。
会社に電話する前に家にある自分のスマホに電話する。

その時、ラインのメッセージが入ってきた。

「今日の昼、いつものホテルのロビーで待ってるよ」

これが嫁の浮気発覚の瞬間である。

浮気は男がするものという固定観念があった俺には衝撃的だった。

あれから2年がたち、仕事は適当にこなしているが、
彼女がいないのがとっても寂しい。

51歳で彼女がほしいというのは無理があるのだろうか?
さっさと結婚紹介所の世話になるのがいいのか?

このままでは、下半身が孤独死してしまう。
今月末に年休とって、1週間作戦を練ろう。

とりあえず、彼女がほしい。
その気持ちは大学時代に感じた時と全く同じである。

とりあえず、今日は酒飲んで寝よう。

面白いことがあれば、どんどんとブログに書き残していこう。

51歳のオヤジと付き合っても良い、という
物好き熟女がいたら一報ください。

全身全霊を打ち込んだデートにお誘いすることにします。