読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気分一新

A子からの返信は良い意味で俺の予想を裏切るものであった。

また会ってくれる・・・これは俗にいう脈ありというやつなのだろうか。

 

この反応自体は嬉しい限り。でも、今のままではいけない。

と言うのも、元嫁と別れてから生活が荒れていたこともあって性格がふさぎ込みがちになっていた。

 

ひとりになったマンションも荷物が増えるばかり。

寂しさを埋め合わせたかったのかもしれない。

 

こんな状況なもんだから、A子がまぶしく見えていた。

夢である看護師になって仕事もプライベートも充実しているA子と、堕落の残り香をまとっている自分自身。

 

このままではいけない。ここ半年の堕落のせいで下腹をはじめとした全身に自家製ヒートテックを常備してしまっている。

 

すぐに改善できるところから手を付けるべし!と思い、まずは家の掃除から取り掛かることに。

せっかくだから引っ越しも検討しよう。いつまでも過去の夫婦生活の空間を残しているのは良くない。

 

引っ越しするのだから、せっかくだし家具やベッドも新調してしまおう。俺は生まれ変わるのだ。

 

こんなことをしていると何かとお金がかかる。

しかし、俺には隠し口座があった。少ない小遣いで始めた投資で稼いだへそくりである。

 

エロ社長には振り回されてばっかだったが、FX投資の基礎を叩き込んでくれたことには感謝している。

 

人生何が起こるかわからんもんだな。

こないだの愛人4号とのいざこざに巻き込まれたことも許してやろうとさえ思えてきた。(この時は)

 

いざ引っ越してみると、なんだか気持ちが軽くなった。

前に会ってから1か月後、再びA子と会えることになった。

連絡をもらってからすぐに引っ越しをしていたため、会う時間を作るのに時間がかかってしまった。

 

それでも会ってくれるのが嬉しかった。A子には感謝したいと思っていた。

 

引っ越してからというものの、会社の同僚から昔の明るさが戻ってきたと言われる。

こうなれたのは過去を振り切れたから、つまりA子に会ったおかげなのだ。

 

ここ数年の中で最高の心のコンディションを手に入れた俺は、若い頃に女性と触れ合う時の感覚を取り戻したようだった。

 

俺がなくしていたのは若さじゃなくて自信だったのかもしれない。

 

さて、そろそろ出かけるか。今日はA子と1か月ぶりに会う日なのだ。

 

自信を持った男はカッコいいらしい。そういうものだ!!